【インターンシップ4日目・日々成長するインターン生の皆さん】
こんにちは!株式会社Sola.comです。
おかげさまをもちまして、昨日22日で8月の夏季インターンシップが無事終了いたしました。

遅ればせながら、後半戦となる4日目の日誌を紹介させて頂きます。4日目の担当は、尚絅学院大学2年生のKさん(表現文化学科)、東北大学4年のフランスからの留学生のNさんです。
お二人とも、「仕事で求められる考え方やスキルは何か?」を懸命に考え、お仕事を進められ、日々成長を遂げています。今後のご成長も非常に楽しみです!(インターンシップ担当・Iより)

【尚絅学院大学2年・Kさん】
インターンシップ4日目が終了しました。今日は1日中社内にいたので暑くなく、快適な環境の下で執筆作業をしました。記事の作成がそろそろ完成に近づいてきました。
昨日、取材先から戻ってきてから執筆作業をしていました。記事を書く時に初日に座学で学んだ、誰に何をどのように伝えるのかを踏まえて5W1Hを使っての執筆作業。記事として成り立っているのか、日本語の使い方は間違っていないかと時々不安になりながら書いていました。
また、文字数や誤字脱字にも気を付けて執筆作業をしました。記事を書くことは、学校のレポートではないし、広報を書くわけでもない。頭の中で納得をしていても自分が納得するような記事を書くことができませんでした。
明日には完成するので少し楽しみです。いよいよ明日でインターンシップが最終日。5日間という時間が短く感じました。短い間にとても多くのことを学んだと思います。

【東北大学4年・Nさん】
 3日間のインターンシップを終えて、会社にも少しずつ慣れてきました。自分が仕事で役立っているという実感を持ちながら働けているというのはとても居心地がいいことだと思います。これまで自分が経験したことのない、記事執筆や取材などのメディア関係の仕事をこのインターンシップで実践していますが、同じインターン生の皆さんがとても楽しい人たちで、一緒に仕事をするのを楽しめています。
 4日目の今日からは、新しくシステム開発のプロジェクトに携わっています。メディアもやりがいがあるお仕事でしたが、プログラミングに携わる新しい仕事もワクワクします。4日目を迎えて、インターンシップで自分の仕事が大いに前進したこと、そしていろいろな成果物があることにとても満足しています。この自分の感じているやりがいが、会社や他の人にとっても役に立つものであることを願っています。プロジェクトはとても面白く、自分も没頭しているのを感じます。
母国フランスでもインターンをいくつか経験しましたが、ソラコムでの経験はもっとプロ意識を求められていることを感じます。この仕事で、具体的なアウトプットを出してチームに貢献できるようになりたいと切に祈っています。