yn_sola

/Yoshihiro Nagata

About Yoshihiro Nagata

This author has not yet filled in any details.
So far Yoshihiro Nagata has created 2 blog entries.

農業セミナーへの参加

こんばんは。株式会社Sola.com 長田です。   「令和元年度 スマート農業・先端技術セミナー in 登米」に参加してきました。 2019年7月1日、登米にある中田農村環境改善センターでスマート農業のセミナーがありました。 トップ画像はセミナー最後に行われた、住友商事東北株式会社様によるNile-T18実演飛行(Nileworks社製)の写真です。   農研機構東北農業研究センター、宮城県農業・園芸総合研究所・住友商事東北株式会社が実例発表をされていましたが、サイズの大きいドローンであったりとか、地盤改良であったりとか、規模が大きくすぐに自分達も参加できるかと言うと違う次元の話となってます。   3社からそれぞれ3つの話題提供があり、 登米は地盤が軟弱だったけど、水はけの良い土地改良を行った事で適地になった。田んぼを合筆(合わせて大きく)する事で作業効率を増やす。2年間で3作物を栽培して安定化。 ⇒合筆することで、ドローンなどを飛ばしやすいようにする基盤作り。 りんごの樹木などの幹を横に曲げて接ぎ木することで、樹木の並びを直線化。大きさを判断して採取するのではなく、一括採集するために生育状態を揃える努力。 ⇒センサーが迷わないようにするための基盤作り。 販売・公開されているドローンを調査して、センサーなども精査。そこからのドローン会社への出資を行い、改良を行い続けている。センサーなども今後は安価になるように作り込みを行っているとのこと。 ⇒ハードウェア面での基盤作り。 とのことで、濃ゆい内容のセミナーとなっていました。なんでもそうですが、アプローチは準備が大事(準備8割ってよく言ったもんだなと言う話)だなというのを身にしみて分かる内容でした。 精密な測距をするための基地局的な何か   単純にIT農業と言った場合に、農家の現状のスタイルに合わせてITを混ぜこんでいくイメージでしたが、実際は違い、ITを駆使できるように農家の方にも協力してもらい、センサー・農機が動きやすいように土壌・基盤を作っています。協力の元されているなぁ、というのがよく分かる内容でした。(そもそもですが、農家さんの協力がない場合は、おそらくですが成り立たないだろうなと言う内容でもあります。)   弊社としては、これほど規模が大きいと小規模農園・一般の方・家庭菜園をしている方とかには手が届かない次元と思っています。身近なIoTという事でもっと小さめにスタートを切る予定でいます。また、ドローンは完全自動にしてしまって人による操縦が無しの方がやはり安全のようなので、弊社としても小型でも良いですからブルーベリー農園で出番が見いだせると良いですね。   一緒にやってみたいという方はいないでしょうか? では、また次回。

By | 7月 3rd, 2019|業務等報告|0 Comments

Sola.comと農業

こんばんは。株式会社Sola.com 長田です。   今日は6月から弊社で行っている作業の1つをご紹介します。   Sola.comでは今現在、農業に関わるIoTの部分に目を向けており、会社としてどのように関わっていけるのかを模索しています。東北の肥えた土壌を活かして、生産者の気苦労が多少でも少なくなれば良いなと思っています。 フィールドワーク時の写真。冷夏のため、まだ実が青い品種も。収穫は来月以降になりそうです さて、実際にどのような事をしているかと言うと・・・ 宮城県南部ブルーベリー農園でのブルーベリー採取が始まろうとしています。その採取時に、いくつかのセンサーを使って計測を行い、その計測結果から熟しているかどうかを予想してみたり、熟す期間などを予想(来年のためのデータ)に使ってみたり、といった事を行おうとしています。 センサーも色々ありますし、農作物や果物の品種も様々ありますが、手探りで選定していたりする部分もあります。またセンサーだけでなくてカメラでも撮影し、病害虫などの発見や予防も可能にならないかなど、まだ開始したばかりですが取り組んでいます。 意外と背が低いブルーベリー畑 そもそもとして、センサーと言っても色々あります。照度、温度、湿度、ガスなど、色々試して変化のあるもの、効果のあるものを試していきたいと思っています。 そんなこと、一緒にやってみたいという方はいないでしょうか?   では、また次回。

By | 6月 21st, 2019|業務等報告|0 Comments