M.C

/M.C

宮城職業能力開発促進センター(ポリテクセンター宮城)にて、会社説明会を行わせていただきました。

By |2021-06-02T17:55:35+09:005月 17th, 2021|M.C, お知らせ, 社外活動|

去る5月14日(金)、独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構が運営する「ポリテクセンター宮城」において、IT業界での就職を目指す受講生の方々を対象に弊社の事業概要等について説明会を行ってまいりました。 当日は、人事・採用担当及び、現役のシステムエンジニアの2名を派遣し、サイバーセキュリティ及びシステム開発の事業内容及び実績を詳しく説明するとともに、弊社でできる働き方、自社エンジニアに求めるもの及び活動状況(画像紹介)に焦点を絞って紹介させていただきました。 参加していただいた受講生の皆様は、一日の訓練の疲れを感じさせることなく夕方開催の本説明会に多数参加下さり、真剣に話を聞き、質問を頂いたことに感心いたしました。 現在、弊社では当該ポリテクセンター卒業生7名が技術者として在籍、活躍しています。 今後もソラコムで働きたいと希望される方がいらっしゃれば積極的に採用等活動を行っていく所存です。 多事多端な状況の中、貴重なお時間を頂き参加していただいた受講生の皆様、並びに当センターの職員の方々に御礼を申し上げます。 株式会社Sola.comでは、東北へのUIJターンを検討中のエンジニアの皆さんへ、柔軟なサポート体制を準備してお待ちしています。 募集中の言語はこちら。ぜひいつでもお気兼ねなくお問い合わせください!

【社員インタビュー】異業種から技術者へ 不安を乗り越え次のステージへ #3 中平 尚貴(なかだいら・なおき)

By |2021-04-14T19:08:59+09:004月 14th, 2021|M.C, お知らせ, お知らせ, 社員インタビュー|

ソラコム社員インタビューの第3回目は、システム開発部でWeb開発の中心を担う中平 尚貴(なかだいら・なおき)。 現在はソラコムのWeb開発中心を担い、後輩からの信頼も厚い彼ですが、職業訓練校での研修を経て、5年前に異業種からの転職でソラコムに入社したという経歴の持ち主です。 「最初は不安ばかりだった」と当時を振り返る彼が、入社からの5年間、技術者として歩んできた道のりに迫りたいと思います。 <社員ファイル> 氏名 中平 尚貴(なかだいら・なおき) 所属 システム開発部 勤続年数 入社5年目 出身地 宮城県岩沼市 出身校 東北学院榴ケ岡高校 卒業 得意言語 PHP・JavaScript ほか     インタビュー内容 #1 社員インタビュー #2 一日のスケジュール・オフの日   #1 社員インタビュー 異業種からの転職 デスクワークに慣れられるかも不安 入社当時を振り返る Q1:ソラコムに入社したきっかけは何ですか?  前職は貴金属リサイクル関係の業務に携わっていました。仕事自体は非常にやりがいもあって、同じ職場の人も皆さんいい人ばかりだったんですが、作業の性質上、重金属をふくんだ粉塵の中で作業をしたり、時には貴金属を抽出・精製する炉で精錬作業を行ったりするなど、身体に負荷のかかる作業ばかりだったためか、最後には体を壊してしまって。物理的にこれ以上同じ職場ではちょっと働けないな〜、ということで、離れることになりました。仕事を離れて休んでいる間、新しく自分のキャリアを見直そうと思い、その年の秋に地元の職業訓練校のスマートシステム科(当時)に入所しました。  当時は科が新設されたばかりで、とても雰囲気が良かったのを覚えてます。卒業後、いろいろな会社を受けていた中に、ソラコムがありました。当時北仙台のオフィスで社長(代表取締役・高橋)や当時の人事担当者と面談し、ウェブメディアなど新規事業に積極的に携わっている所に興味を惹かれ、入社を決めました。 Q2:入社以降、どのような業務に携わってきましたか?  Webシステム開発を中心に携わってきました。一番多く経験してきたのはPHPです。 Q3:現在はどのような業務に携わっていますか?  現在はお客様先で、Laravelを使った旅行サイトの開発・改修に携わっています。 Q4:Q1でお答え頂いたように、中平さんは異業種からの転職ということでした。IT業界に入るにあたって何か不安な点などはありませんでしたか?  正直なところ、異業種からIT業界に飛び込むのは不安しかありませんでした。「ホントにやってけんのか!?」みたいな(笑)。そもそもずっと立ち仕事、力仕事しか経験してこなかったので、1日8時間椅子に座っていられるのかすら不安でしたが、今も何とか皆さんのおかげでお仕事をさせて頂いています。   技術者としての道のり Q5:中平さんといえば、ソラコムの主要製品「オムニオクルス」開発の初期メンバーですが、開発にあたって大変だったことや苦労したこと等はありますか?  当時自分は若手だったこともあり、何もかも手探りで、本当に苦労しました。DB周りは先輩にかなり手伝ってもらってなんとか整えられましたが、当初は1か月でプレリリースの予定のところ、結局プロトタイプを作るのに3〜4か月かかってしまいました……。 Q6:中平さんは現在LaravelやJavaScriptのスペシャリストとして自社製品開発やお客様のシステム開発に携わっていますが、現在のキャリアが形成されるまで、どういった努力をして業務に取り組んでいきましたか?  スペシャリストなんて言われるとおやおやそんなおだててどうする気かな?なんて思っちゃいますが(笑)といって、異業種転生だったので基本的に体当たりで走りながら考えるのが主だったんですが、それだけじゃとてもじゃないけどやってけないなと段々感じるようになっていきまして。今の現場なんかでも富に感じてますが、「調べてわかりそうなことか見込む」「わかりそうなら調べる」「わからなさそうなら聞く」といったプロセスを踏むのを基本形として、調べたこと、聞いたことは何かしらエビデンスに残すようにすることを心掛けてます。常にできてるかっていうとちょっと怪しいんですが(笑)Slackなどのツールを介して、文字ベースで記録を残しておいたほうが散らかった頭の中身から状況を整理できたり、作業が捗ったりしまして。なので、どんな開発でも、次に引き継ぐ人が困らないように、エビデンスを残すのは大切にするように、と思ってます。そういった姿勢も、正直なところ自分一人で学んだわけでなく、今いる先輩方や、卒業されていった先輩方から学ばせていただきました。   技術者から見たソラコム 「いじられキャラじゃないですよ!」と笑う Q7:中平さんといえば、いじられキャラ…じゃなかった、とても人望が厚く、社内の人気者というイメージがありますが、中平さんから見たソラコム社員の印象を教えて下さい。 [...]

【社員インタビュー】郡山から仙台へ 未知の情報分野に挑戦する #2 佐藤 淳(さとう・じゅん)

By |2021-03-05T16:46:36+09:003月 4th, 2021|M.C, お知らせ, お知らせ, 社員インタビュー|

ソラコム社員インタビューの第2回目は、我らがシステム開発部のエース・佐藤 淳(さとう・じゅん)。 東京での10年間の開発経験を経て郡山にUターン就職で、ソラコムに入社しました。 開発部のエースとして活躍しながらも、若手社員のフォローアップも絶やさず、若手からは「淳さん」と呼ばれ慕われています。 本日は、そんな佐藤淳の仕事術に迫りたいと思います。(※本インタビューでは、可能な限り会社の雰囲気を伝えるため、名字の「佐藤」ではなく「淳さん」と記載しています。) <社員ファイル> 氏名 佐藤 淳(さとう・じゅん) 所属 システム開発部 勤続年数 入社4年目 出身地 福島県郡山市 出身校 東都国際ビジネス専門学校 卒業 得意言語 Java・.net系・PHP ほか     インタビュー内容 #1 社員インタビュー #2 一日のスケジュール・オフの日   #1 社員インタビュー 「最初は仙台で働く気はなかった」―――!? インタビューに答える淳さん Q1:ソラコムに入社したきっかけは何ですか? 佐藤淳(以下、佐藤):普通に、インターネットに当時出ていた求人を見て応募させてもらいました。 「なんで郡山に住んでいるのに仙台の会社に応募したの?」とよくいろいろな人に聞かれるんですが、実は当時は勤務地は郡山の予定だったんです(笑)。 当時も郡山のお客様先を中心に現場を模索したのですが、最終的には仙台になりました。 東京に住んでいた当時からプロジェクト先が千葉や神奈川ということはよくあったので、そこまで抵抗はありませんでしたね。 Q2:淳さんは専門学生の時からプログラミング関係の学科に入っていましたが、そこではどういった勉強をされていましたか? 佐藤:専門学校では、VB6・HTML・C++・Flash・JSといった技術の基礎を広く勉強させてもらいましたね。 ただ座学として基礎を勉強したのは学校ででしたが、実際に業務に使えるレベルに引き上げられたのは最初の会社の研修だったと思います。 24~25歳で東京の開発企業に未経験で就職して、すぐに研修を受けました。その研修が自分で調べながら問題を解く形式で、実際の開発プロジェクトもそのように自分で調べるスキルが必要とされるところが多かったので、そういった研修を受けられたのは良かったです。 Q3:淳さんはその後、東京のシステム開発企業数社で仕事をされていますね。東京ではおおよそ何年ほど仕事をされていましたか。また、東京の開発プロジェクトや技術者の皆さんには、どのような印象がありますか? 佐藤:東京では10年くらい仕事をしましたね。レベルが高くて、誰でも知っているようなプロジェクトが多かったので、純粋に楽しかったです。 当時はあまり自覚がありませんでしたが、知らないうちにいい経験をしていたんだと思います。当時の経験は今も役に立っています。   技術者としてのキャリア形成 Q4:現在は、郡山に帰って仙台に通いながら仕事をされています。差し支えなければ、郡山に戻ろうと思った理由を教えてもらってもいいですか。 佐藤:もともと、いつかは地元に戻りたいと思っていました。当時担当していた東京でのプロジェクトの終わったタイミングで郡山に帰ってきた形です。 ずっと郡山にいて仕事していたら仙台勤務は嫌だと思っていたかもしれませんが(笑)、東京時代は片道1時間程度の勤務は普通だったので、今のようなスタイルでの勤務もそこまで抵抗はありませんでした。 Q5:現在はどのような業務に携わっていますか? 佐藤:今は自治体様の案件を担当させてもらっています。申請書の審査を行ったものを、VBAで処理するシステムです。 Q6:また、淳さんはJavaから.net系、その他のWeb系言語と幅広い言語でお客様から高い評価を頂いています。業務にあたり、特に気をつけている事はなんですか? [...]